【北欧的お台所レシピ】 残ったおせちを上手にリメイク! - 栗きんとん入りシナモンロール

 プロフィール

名前: オイ

フードビジネスコーディネーター、管理栄養士
北欧ライフスタイル誌の編集を経て、現在は、介護老人福祉施設で管理栄養士として勤務中。 得意ジャンルは、北欧カルチャー&ノルウェージャズ&食・農業・ライフスタイルなど。 2010年秋に引っ越して、一口のガス台を駆使する生活から脱出。 以前よりも広くなったキッチンスペースで、料理の腕前も右肩上がり……ではないが、北欧キッチンウェア収集熱は高まる一方。

お正月も終わり、残ったおせちをつまむのも飽きてきた今日この頃。 個人的に毎年残ってしまう三大料理は、黒豆、伊達巻、栗きんとん。 この3つの料理を北欧(的)お台所でちょっとアレンジしてみました。

栗きんとん入りシナモンロール

 

<材料: 6個分>
強力粉 ・・・ 150g
牛乳 ・・・ 80cc
ドライイースト ・・・ 小さじ1/2
三温糖 ・・・ 15g
バター ・・・ 30g
卵 ・・・ 1/4個
カルダモンパウダー ・・・ 小さじ1/4
シナモンパウダー ・・・ 適量
栗きんとん ・・・ 80g (栗は砕いておく)

 

<トッピング用>
ざらめ糖 ・・・ 適量
アーモンド ・・・ 適量
卵 ・・・ 適量

 

<作り方>
1. 小鍋にバターと牛乳を入れ、人肌に温めたらカルダモンを加える。 イーストと砂糖を加えて混ぜ合わせボウルに移す。

2. 1.に強力粉を少しずつ加えて混ぜ合わせ、さらに卵を加えてよく混ぜ合わせる。 ひとまとめにして1時間ほど発酵させる。

3. 生地を長方形にのばし、栗きんとんをぬってシナモンパウダーをふりかけてロールする。

4. ロール状の生地をハの字型に 6等分カット。 ハの字の頂点を上にして割りばしなどで成形する。

5. 卵液をぬり、ざらめ、アーモンドをふりかける。

6. 220~250℃のオーブンで15分ほど焼いて出来上がり!

 


コメント&トラックバック

このページの先頭へ